ファンケルえんきんの効果

最近目の病気になる人が増えているようです お互い気を付けたいですね!
私たち人間は、目から見える事で80%以上の情報を得ています。

 

なので目が見えなくなると大変になる事になりますね。
ファンケルえんきん
大きな問題は失明に繋がる目の病気です。

 

例えば緑内障です。 

 

さらに目の生活習慣病と云われている加齢黄班変性と、糖尿病網膜症があります。

 

緑内障は視神経線維が減少して視野が狭くなってしまう目の病気です。

 

最近はその症状が変わってきている点です。
眼圧が正常なのに(10〜21mmHG)緑内障に掛かってしまう人が多いようです

 

その割合は全体の60%以上だそうです
そしてこの緑内障は初期段階では、殆ど自覚症状がないので自分が緑内障に掛かってしまっている事に
全く気付かない点が怖いと云えます。

 

 

さらに緑内障で失明される人が一番だそうです

 

40歳以上の方で17人に1人の割合で失明をされているようです。

 

 

それまで以前は糖尿病網膜症で失明される人が一番多いトップの原因でしたけど
今では緑内障から失明される原因のトップだそうです。(2006年 厚生労働省の報告から)

 

私たちの目から入った情報が脳に伝達されて初めて認識されるのです

 

その伝達する役目が視神経です

 

視神経は大切な神経と云えますね 
ファンケルえんきん
この視神経線維は網膜に沢山あります(約100万本以上あるようです) なので少しぐらい減っても目が見え無くなる事はないようです

 

さらに怖い事に視神経が50%ぐらいになっても初期症状が出ないのでこの点が怖い点ですね

 

そして40%ぐらいになると急激に減少するそうです

 

なので目の老化は40歳頃から起こります 専門医の先生に目の診察をして頂き定期的に

 

眼圧検査以外にも眼底検査をされる事が早期発見と云えるのではないでしょうか

 

 

 

緑内障の方は注意が必要です  アトピー性皮膚炎 ぜんそくなどで長期にわたり使い続けると緑内障になる事があるようです。

 

 

 

 

 

糖尿病で失明される方も依然多いようです

 

どの様な事なのかは、以下の通りです。

 

厚生労働省の調査では(2002年)何らかの糖尿病疾患を持っている方は1620万人もいるそうです。

 

さらに怖い事に自分自身が糖尿病に掛かっている事さえ気づかない人もいるとなると

 

とんでもない数字が出るのではないでしょうか。

 

さらに怖い事に最近格差が広がっている なので健康診断で貴方糖尿病ですと言われても治療費が重く負担になり

 

治療をしない方も当然いると思われます。いわゆる放置です
ファンケルえんきん

 

糖尿病網膜症の怖い事は本人の自覚症状が無い点と云えます

 

目に何らかの症状に気付いて眼科へ行かれた時には相当症状が進んでいると云えます。

 

つまり失明寸前の処まで来てしまっているという事です。

 

なので糖尿病網膜症は怖い病気です

 

なので糖尿病となると網膜症を避ける事は出来なくなるみたいです。

 

 

 

糖尿病になぜなるのか

 

私たちは食べ物を食べると体内でブドウ糖となります このブドウ糖をエネルギーに変える役目をしているのがインスリンと云うホルモン

 

このホルモンンが不足すると糖尿病となります

 

インスリンは血液中のブドウ糖を細胞が取り込んでエネルギーにしてくれるのですがインスリンが不足すると体内で上手に利用されず

 

無駄になったブドウ糖は血液内に残り糖の数値がとても高くなります。
さらに血液中の糖のが高い血は粘着性が高くなり血管にもこびりついてしまいます。

 

なので細い血管などは、つまりがちになります。

 

網膜にある細かい血管も当然狭まります

 

さらに進行すると血管が破裂 このような症状が続くと視力が落ちやがては失明となるようです。

 

なので糖尿病になると網膜症が起きるのは避けられないようです。

 

でも眼科医に行かれ専門の先生と適切な治療を行う事で失明から逃れる事もあるようです。
ファンケルえんきん

 

糖尿病は合併症も起こす厄介な病気です

 

 

 

網膜症は糖尿病が起こすと前項でも記載しましたけど それ以外にも多くの目の病気を起こします。

 

例としてコンタクトレンズを使用されている方はコンタクトレンズを直接角膜に付けるので角膜が傷つきます。

 

 

さらに眼筋マヒをも起こすそうです
この症状は、物が2重に見えてしまうそうです

 

一旦傷つくとキズの治りも悪くなります。

 

 

白内障も糖尿病のに掛かっている方は普通の方と比べてとても危険度が高いと云われています その数値は2〜4倍あるそうです。

 

さらに40歳以上の方になると15〜40倍も数値が挙がるようです。

 

でも若い人も注意が必要です 年齢が若くてもなるのが白内障です。

 

 

 

黄班変性症は

 

殆どが加齢による事で起こると云われています なので加齢黄班変性と呼ばれています

 

通常は片目の起こるようです 

 

ですが注意が必要です 約30%の人は両目に起こるという事です

 

この病気難病の一つと云われています

 

白内障 緑内障 網膜剥離の治療は進んできて失明を食い止める事が出来るようになりましたけど。

 

 

この病気治療方法は確立されてはいません。

 

黄班変性症は、目の黄班部に起きる目の障害でこの病気になると物がゆがんで見える

 

視力が落ちる などの症状が現れます。

 

例として本を読む時に字が歪んで見える又は暗く見えるようになるのでとても見えずらくなります。

 

でも誰もがなる目の病気ではないようです。

 

それにしてもファンケルえんきんは、本当に人気のある目のサプリですね!