ファンケルえんきんの効果

高齢化社会と言われている現在、良い事だらけでは無いようです。

 

高齢者って何歳から云うかは定かではありませんけど失明に繋がる目の病気が増えているようです。

 

考えれて見れば私たちは、起きると同時に目を開いて物を見る当たり前と云えば当たり前ですけどそれだけでも目の酷使していると言っても過言ではないようですね。

 

更に現代人は液晶画面を見ない日はないと言えるほど何でも使用されているのが液晶画面ですけど。

 

電車に乗り込んでも約半分近い方は何かしら液晶画面を見ています スマホか携帯電話をたえず開いて画面をのぞいています
更に若い方はゲームなども液晶画面とにらめっこしているので相当目を酷使して居る事が解ります。

 

その為どんどん眼精疲労が深まる結果に陥ります。更に症状は様々な事になります。ドライアイ・視力低下などがあるようです

 

うちの娘もそうでした。 昔の事になりますけど 高校性になってからは携帯の液晶画面を絶えず見ていました。

 

「私は目が悪くなるから、もうやめなさい?」と何べんも言っても変わりませんでした。
お陰で目は悪いですね 多分近視だと思います 本人から直接は聞いていないので本当の処は解りませんけど・・・・

話が少しずれたので元に戻しますね。

 

高齢化社会なので目の病気になる方も多いようです。緑内障や加齢黄斑変性や糖尿病網膜症が挙がられます。

 

緑内障ってよく効きますけど、どんな症状の目の病気なのか少し調べてみました。

 

緑内障とは
視神経繊維が減って目の視野が狭くなる病気だと云う事でした。しかも眼圧は正常でも、この緑内障になる人が増えているようです。

 

眼圧とは

眼球は一種の精密なボール型のカメラと想像してください!
正しい影像を得る為には一定の硬さが必要で、この硬さを眼圧または眼内圧とよんでいる(出典 日本大百科全書(ニッポニカ))

加齢黄斑変性は、私たちが加齢により網膜の中心部(黄斑部)に障害が起きる目の病気 これまで日本人には掛かりにくいと言われていたのですけどもろもろの環境の変化でしょうか増えてきていると言われています。

 

糖尿病網膜症も失明の原因と云われている目の病気です。

 

糖尿病は、日本人の20歳以上の方の6人中1人は,、糖尿病もしくはその予備軍のようです。
驚きの数字と云えますね。

 

糖尿病の怖い点は合併症と言われています。

 

厚生労働省の2006年の発表では目の失明の病気は緑内障が第1位 2位は糖尿病網膜症です。
目の病気は40歳を過ぎたら年に1回は眼科医で検査を受けると早く治療が出来るので受けると良いようです。

 

眼科医の治療も進歩し栄養学も進歩しルテインなどの効果もとっても期待が持てるようです。
なのです普段から目を大切にする事も心掛けてくださいね。