ファンケルえんきんの効果

緑内障は、視神経に障害が起き目の視野が狭くなる目の病気です。 
40歳以降の年齢の方に多いようです。約500万人の方がこの病気に掛かっていると言われています。

 

緑内障は早期発見が難しいと言われています。 本人の自覚症状が無い事がその原因のようです。
発見が遅れれば遅れた分、失明に繋がるリスクが大きいと言われています。なので注意が必要です。

 

目に少し異常を感じたら是非お近くの眼科へ行かれる事をお勧めいたします。

 

私たちは、眼球を通して視覚情報を得るのですけど目に入った情報は一旦脳に送り込まれ認識されて初めて見えるのです。
目から脳に伝えているのが視神経です。

 

私たちの網膜には、この視神経が100万本以上あると言われています。なので少しぐらいこの視神経が悪くなっても、まったく問題なく目が見えるのです。

 

しかし視神経が40%位になると一気に減少してくるようですよ!更に一旦駄目になった視神経は、元には戻ら良そうです。

(出典 http://manabu-biology.com/archives/40099370.html)

 

そうならない内に眼科へ行かれることが一番です 早期発見早期治療 これに越したことはないようです。

緑内障は多くの方は原因が特定は出来てはないようです!

いずれにしましても40歳代以降の方が成るようですよ。更に糖尿病などからも起こる事があるようですそれが続発緑内障です。

 

緑内障は眼圧が高くなると緑内障になると云われてきましたけど最近では眼圧が正常値でも緑内症になると事もあるそうです。
現在国内では17に人に1人の割合でこの目の目の病気に掛かるそうです。

 

正常の眼圧の方でも起きる原因は様々な要因があるようですけどハッキリとはその原因は解明は、されては無いようです
仮説として冷え性の方や視神経の血液の循環が悪いのではないかと言われています。
更に加齢に伴い視神経の機能が弱りその要因ではないかと言われていますけど未だにその原因は定かではありません。

 

なら眼圧は緑内障とは関係がないのではないかと思うでしょうけど そうではありません!

 

眼圧が高い人ほど緑内障に掛かる人の率が多いのが現状です。なので眼圧が低い人ほど緑内障に掛かりずらいと結果が出ています。
緑内障は間違いなく視界がぼやけて来る目の病気です。視力があっても視界がぼやけるそれは要注意です。

 

眼圧が視神経を壊すと本来見えるべき画像が脳に届かず見えない事になります。
その症状がひどいと最悪は失明となります 緑内障は怖い目の病気です。

 

緑内障の進行具合について

早期
本来貴方の目の中では視神経の萎縮が始まっているのですが、普通に見えるので異常は見つからないようです。

 

初期
網膜の中心ではなくすぐ上の部分や鼻の方が見えない箇所が出てくるようです 専門の眼科医が検査すると解るそうです。

 

中期
初期の障害より症状が広がり中心の上部は弓型に広がり視野の4分の1ぐらいになりようです。
このようになると完全に異常に気づかれるでしょうね

 

末期
中心近くの視野に障害があり文字が見にくい人を認識できなくなる
視力はあるけど周辺が良く見えないので物にぶつかる事もあるようです
更に障害が進むと失明に繋がります。

 

目が急激に痛くなる 頭痛や吐き気がする 照明などの光を見ると周囲に虹のような見える輪があったり目がかすむ症状があれば緑内障の疑いがあります

 

緑内障の急性発症の場合は、目自体が、はちきれそうになり相当痛みを感じるようです、その為に眼通や吐き気・頭痛などが起こります。

 

更に本来は透明な角膜に濁りが起きるので目がかすんだりします。このような症状を放置しますと失明につながる危険性が大きくなります。

 

すぐに眼科医へ行かれ診察を受ければ失明せずに済むことになります。

なので頭痛や吐き気 眼通なでの症状が出ているのなら緑内障を疑う事をお忘れな居ようにしてください。
そして一刻も早く眼科へ行かれる事が重要ですね。

 

又緑内障はの方には、慢性の方も多くいるようです。
緑内障の症状が出ないので本人は、まったく気づかず生活をしているようです。

 

目がだるい 目が疲れる 肩が凝る などは眼精疲労でも起こるので気が付かない事が多いようです。
視野の異常を早く見つけてもすでに視野が欠けていると視神経はかなりのダメージを受けているようです
早めに眼科医へ行かれることをお勧めいたします。

 

緑内障の方は日常気を付けたい事柄

特別に気を付ける事は無いようです。

 

気を付ける事柄は以下の事柄です、
異常に興奮をする 長時間うつむいた姿勢で作業をする 逆立ちをする コーヒーや紅茶を異常に飲むといった行為は避ける事が賢明です。
軽い運動 少しのお酒は眼圧を下げる作用が確認されています 喫煙はNGです