ファンケルえんきんの効果

物がおかし見える訳は、それ!近視・遠視・乱視・老眼・白内障・緑内障などです!
いわゆる目の病気です。

一刻も早くお近くの眼科へ行かれる事が一番目に良いと言う事です

 

私たちの目は外部から入ってきた光を角膜で70%位屈折し水晶体で30%程屈折して微調節して網膜にピントが合い画像が結ばれます。

(出典 http://manabu-biology.com/archives/40099370.html)

 

近視は角膜や水晶体の屈折率が強すぎたり角膜から網膜までの距離が長すぎて網膜の手前でピントが合ってしまい網膜までにキチンと画像が結ばれない状態です。遠くは、よく見えませんけど近くはよく見える状態です。

 

遠視は、屈折率が足りない 眼軸が短いので網膜の後ろでピントが合い近くも遠くも見えにくい状態です。
遠視は遠くの物が良く見えると言われていますけどそのよう事は無いとの事です。

 

乱視は、角膜の歪みがあり光の縦軸と横軸のピントの歪みがありピントがずれている状態です。 
なのでどこにも画像が結べず像全体がぼやけてしまうようです。

 

以上どれも角膜や水晶体という私たちの目の水晶体の屈折異常がトラブルの原因です。

 

その一方老化現象で起きる老眼や白内障・緑内障です。

 

老眼は水晶体がうまくピントが合わあい状態。
白内障は水晶体に濁りがある状態
緑内障は視神経に障害がある状態です

 

目に少し違和感があったら早速近くの眼科へ行かれ診療してもらう事が一番ですよ・。