ファンケルえんきんの効果

私たち人間は目から入ってくる情報を脳が処理して物を認識する事が出来る構造を持ち合わせています。
その様な意味から目はとっても大切な部分です。
目が見える事で周辺の情報の80%以上を判断する事が出来ます。そして色彩を感知出来るのは私たち人間のみだそうです。

 

ですから後の生物は目が見えても色を区別する能力はないそうです

 

あとは嗅覚もそうですね!耳から入る音もやはり大切な情報です。

 

その様な観点から脳に視覚情報を送りそれをキチンと処理をする部分が網膜です。
目と網膜を結ぶ視神経も大切な部分であることが理解できます。

 

目は写真機に例える事が出来ます 目の機能を考えるとその様なものですね。

 

角膜から網膜は、写真機に当たりそこで見えた情報を視神経を通して脳が認識して私たち人間は物が見えるという事になります
目の病気はこれらの部位に障害が起きたという知らせと言う事が出来ます。
私たちの目は色を識別する事が出来ますけどたの生き物は、色を識別する事が出来ないと言われています。

老眼は目の老化現象です 誰でも起こる事です

 

私たち人間の目は角膜と水晶体の2つのレンズから成り立っています。

 

そのうち角膜は焦点が定まっているレンズ。 一方水晶体は遠近に合わせて焦点を変え画像をキチンとピント調整を担っています。
水晶体の焦点は、毛様体の筋肉と水晶体の弾力性の調節でピントがシッカリ脳に伝達されますけど加齢と共にその機能が衰えてきます。

 

つまり水晶体の弾力性と調整する筋力の低下が起こるようになります。するとピントが合わなくなります これが老眼です。
老眼は40歳代になると殆どの人が起こります 老眼は少しずつ進行するので老眼鏡もそのたびに変える事でピント調整が可能です。
そして70歳代ぐらいで老眼の進行は止まると言われていますよ。

 

老眼は細かい文字が見えにくいなどの症状が出ます。で長時間作業をしているととっても目が疲れたりします。
又新聞を読んだりパソコンの画面を見ての作業を長時間続けると目が、かすんで物が見えたりします。

 

すると、なおさらよく見ようとするので神経も使い肩が凝ったり頭痛がする症状が出るようです。
このような時は一旦休憩を取ると元に目が戻るので本人は老眼だと気づきません。

 

新聞や細かい文字などがみずらくなって初めて老眼だと気づくようです。
老眼が出始める40歳以降は緑内障や白内障などの目の病気が起こりやすくなります。

 

特に緑内障は自覚症状がないので注意が必要です。

老眼は老眼鏡で対処出来ます 眼科医で調べてくれますから眼科へ行かれ目のチェックをされると良いと思います。
次いでながら老眼の処方箋も造る事が出来るのでそれをもって眼鏡店へ行かれる事をお勧めします。
眼鏡は、本来眼科の医師によって処方箋を書かれてたとおりに眼鏡店が作りそれを又眼科の医師に確認されるのが一番云いようです

 

眼鏡店の店員さんは白の白衣を着ているのでつい私たちは間違えやすいのですけど何ら目についての専門知識はありません
その様な観点から安易に眼鏡を作るのは危険が含んでいると言う事です

 

老眼は人それぞれ違うので店頭に並んでいる眼鏡を掛けても度が合わない物は目が疲れます。
ひどいと頭痛や肩こりなどの症状が出るようです。

 

更に他人の老眼鏡を借りても一人ひとり老眼の度が違うので役には立ちません。
必ずご自身の専用の老眼鏡が必要です。