ファンケルえんきんの効果

糖尿病は、怖い病気のようですけど最悪は目が見えなくなる、いわゆる失明に至るそうです。
1999年厚生労働省の調査結果によりますと糖尿病の患者数は約212万人いるそうです。
でも本来は、もっといるのではないだろうかとなり2020年の調査では、1620万人も糖尿病疾患の方がいるそうです。
更に何らかの事情で治療を受けていない方が大勢いるようです。
それはそうでしょう!
日本は格差社会が広がっているので治療したくてもお金が無いという方も大勢いるでしょうね!

 

糖尿病は本来は怖い病です。
糖尿病によって失明される方は大勢いるのですけどその認識が無いようです。

 

糖尿病と知っていても治療も受けずにそのまま放置されると視力低下はもとより失明も起こりえます。
糖尿病は本人の自覚が全くないのでその症状が進んでしまうともぅ取り返すことが出来ない状態にい陥るようです。
目に症状が出た時にはもぅ手遅れのようです

 

糖尿病網膜症について

糖尿病網膜症は、その症状が出たところまで進むと血糖値は関係なく失明に至るそうです
更に困る事があります そこまで行くと治療方が無いようです。
そんな訳で糖尿病と分かればすぐにその治療を行う事が優先すべき点と云えますね

 

糖尿病はインスリンというホルモンが不足する事で起きる病気です。

 

インスリンは血液中にあるブドウ糖を細胞が取り込んでエネルギーにする事を助ける働きがあります。
ところがインスリンが不足すると栄養素が血液中や細胞内に蓄積されてしまいます

 

血液に糖が多く含まれると体内の血管に障害が起こりやすいんです
血管が狭まり様々な臓器にも障害が起こります。

糖尿病網膜症は、網膜にある細かい血管にも障害が起きます
血液の流れが悪くなりその為網膜に栄養や酸素が行き届かなくなります
更に悪い事が続きます 血管から血が出て眼底出血までも起こします。
このようになると失明となるそうです。

 

糖尿病になると網膜症を避ける事は出来ないそうです
但しシッカリと治療を行う事で視力を維持する事は可能のようです。

 

その様な観点から糖尿病と分かった方は、眼科で目の診察を受けると良いようですよ。

 

糖尿病は個人差があるので自覚症状が無い状態でうっかり放置しますと目の網膜に悪い影響があり糖尿病網膜症の進行が進んでしまう事があります。
でも初期段階ですと治療で進行を遅らせる事が可能でその病気を完治する事も出来るようです。
しかし糖尿病の発症がいつなのか定かではないので難しいようです。
糖尿病からの起こる糖尿病網膜症は失明の危険もあるので眼科医で治療を行う事が一番だと思います。